タロットカードとの向き合い方

タロット講座を受講してはみたけど、その後はなんとなくフェードアウト、という方は多い気がします。

「正しい答えを相手に伝えなければ」という意識が強く働くと、タロットはその効力を失ってしまいます。なので、占う側は「当たると当たらないの狭間」に意識を置き、自分の目で見たカードをリーディングするのではなく「サードアイ」を通して視えるカードの意味を伝えます。ナナメ上から降ってくる自分の考えではない情報をキャッチしたら、講座で学んだカードを読み取るスキルを使って言葉へと変換していきます。

相談者さんが「(カードの)答えに期待している」という波動が伝わってきた場合、それに押されて相手に合わせた言い回しで答えてしまうのはNGです。相談者さんや自分の感覚に振り回されず、客観的視点を持つこと。シンパシーの入った解釈でカードをみても、それこそ「当たらない占い」になってしまいます。表と裏、陰と陽などありとあらゆる側面を読み取るためには、フラットでニューラルな立ち位置より自由な発想を自由に解釈していく柔軟性が必要となります。相談者さんの過去や現在を聞き、言葉を読み取りながら起承転結にストーリーをまとめ未来を予測していきます。そして何より大切なことは、自分の発した言葉に責任を持つこと。それがあるのとないのとではリーディングの質に大きく差が出ます。

私は常に「どちらの方向でもお客様なら大丈夫」と信じていますし、「自分の発した言葉で相手を傷つけたり害を及ぼすことはない」というポリシーを持ってセッションをしています。そういう熱い思いでタロットに触れれば、タロットは悩みを聞いてくれます。困っていることの答えや方向性を導き出してくれます。私達の背中を押して新しい扉を開くサポートをしてくれます。