迷い

そのことに気がついた時、触れていいものかどうか一瞬迷いますが、この瞬間のこの感覚を信じて流れに任せる、ということをよくやっています。