読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占いのためのタイ古式マッサージ

私はタイ古式を占いに活用しています。ある時からタイ古式と数字が繋がっていることに気がつきました。私の場合、タイ古式をやると共感や共鳴が働きますので、その特性を使ってお客様の内側をリーディングします。タイ古式&占いのセッションだけでなく占い講座でもそのやり方をお伝えしています。

お客様の内側を読み取る時はある程度「思考」を働かせます。推測したり分析したりその波動が何に繋がっているのかを考えます。そしてその読み取った波動を言葉に変換して「今の状況はこんな感じですが、どうですか?」と私の読みが合致してるかをお客様に確認します。一方、占い抜きの単なるタイ古式マッサージの場合、思考は横に置いています。おしゃべりをしたり風の感覚を意識しながら過ごします。その風がどこへ繋がっているのかを追求して自分の好奇心を優先させることはありません。

タイ古式マッサージはその時やってくる心地ち良さや不思議な面白さを体感していただきたいと思っています。一方占いでは、言葉や数字やタロットが放つパワーをヒントとして役立てていただけると嬉しいです。

「タイ古式はある種の目的のためには活用できない、役に立たない」ということを十分理解した上で、そこを越えた場所からタイ古式と占いをやっています。

 

LION/ライオン ~25年目のただいま~

ずっと観たくて観たくてようやく見た映画ですが、普段から涙腺の弱い私は大号泣し、映画が終わる頃には目が腫れあがっていました。辛い場面、キツいシーンが多くて胸が苦しくなりましたが、子役の子が息子の友達にソックリでそっちもなんだか気になってしまいました。インドは広くて人も多くて、、、。たぶん一生行かないだろうと思います。まぁ、それはいいとして、この映画は子供たちに見せたいです。とても素晴らしいお話しでした!

どうでもいいようなこと

「いい人は早死にする」というお客様の仮説を聞いている時、ふと「いい人なのか悪い人なのかよくわからないような人になりたい」と思いました。

「何を考えているのか、何も考えていないのか?」

そんな人に憧れます。タイ古式をやるとこのようなどうでもいいようなことが浮かんでくるので面白いです。

人生フルーツ

建築、インテリア、ドールハウス、自然、自給自足、お料理、人生哲学、老いと死、などなど私の興味のあることや学ぶべきことが凝縮された素晴らしい映画でした。映画の登場人物のつばたしゅういちさんが、なんとなく去年亡くなった父に似ているような気がして、父に会いたくなりました。

会いたくてももう会えない。

そんな当たり前のことを今ようやく実感しています。

「さびしいというかむなしい」

しゅういちさん亡きあと、残された奥様のつばた英子さんがつぶやいたひと言。でも英子さんには野菜を育て果物を育てるという毎日の営みがあります。しゅういちさんと共に作り上げた、しゅういちさんが残したすべてが生き続けています。

「コツコツ続けていれば見えてくることがある」

英子さんの言葉を聞いて、私もこれからもタイ古式マッサージを続けていこうと思いました。今まで続けられたことは唯一タイ古式しかありませんし、これしか得意なこともやりたいこともありません。

数秘術のマスターコース

タイ古式ヒーリング&数字とカード占いRuLuでは占いセッションの他に数秘術とタロット講座も開講しています。数秘術ベーシックとアドバンスは私自身が受講した講座で学んだ算出法や多くの本から得た知識など、一般的なリーディングの方法をお伝えします。マスターコースはそれらを踏まえた上で、ベーシックやアドバンスとは違う解釈やリーディング手法そして本にはほとんど登場しない「ガイトナンバー」と「アースナンバー」について解説します。この2つのナンバーの算出方法はタイ古式をやるとやってくる「サティ」という霊性を帯びたひらめきから得ました。数秘術のマスターコースは私が1番伝えたいこと、知って欲しいことが詰まっています。

数字とタイ古式は繋がっていて、タイ古式をやればやるほど数字が私に語りかけてきます。さらにタロットカードも数字と繋がっていますので、数字からの答えもタロットからの答えもほぼ同じとなります。私の占いセッションはタイ古式、数字、タロットカードを用います。3つのツールは私のガイドナンバー「3」より受け取りました。みなさまのお役に立てるよう真剣に占いに取り組んでおります。

 

風と彼女のストーリー

「人生最後のパートナー」

「あなたは僕の人生で最後のパートナーです。僕と結婚を前提にお付き合いしてくれませんか?」

出会ってわずか数回でドラマチックな告白をされた彼女。彼女はいい人がいれば結婚したいとずっと思っていた。将来の安定や保障も含め、隣に誰か頼りになる人がいる生活に憧れていた。いいパートナーに出会うため、あまり得意ではないけれど、お誘いがあれば出かけたし、紹介をされた人とはやや気まずい雰囲気になっても会話が途切れないよう話を続ける努力をした。そうすればいつか気の合う人と出会い、結婚できるだろうと思っていた。そしてとうとう自分に好意をもってくれる人が現れて、しかもその人は結婚も視野に入れてお付き合いがしたいと言う。彼女はなんとかしてその人のことを好きになろうと頑張っていた。「なんか違うんだよな~」と思うことがあっても「まだ会ったばかりなんだし、もう少し様子を見よう」と、結論を先延ばしにしていた。でも、どんなに努力して頑張っても彼と同じ気持ちを持つことはできず、彼を特別な存在として好きになれなかったため、結局結婚の申し込みを断ってしまった。

「愛とか恋は思考や努力では無理なんですね~。人を好きになることに理由や理屈はないって言いますけど、本当にそうなんだとつくづく思いました」

「あら??先日は『私を好きになってくれる人なら誰でもいい』って言ってませんでしたっけ??」

「そうなんですけど、、、。本当にそう思ってたんですけどねぇ。人を好きになるって『なんとなく、、』や『いつの間にか、気がつけば、、、』」って感じなのが自然の流れなのかもしれませんね~。私の場合、好きになろうと思って好きになれるものではありませんでした」

「それってタイ古式マッサージと同じじゃない?でもホラ、前回のタロットでも『この人とは長く続かない』って出てたし、それでよかったんですよ」

その後のご予約で、、、

「前回話した結婚前提の彼のこと覚えてます?」

「あぁ、宇宙の話とかスピリチャルっぽい話をする彼?」

「そう、久しぶりに彼のFACE BOOKを覗いてみたら『人生で最後のパートナーに出会いました!』と書いてあってもうびっくりですよ。あんなに私のことをソウルメイトだとか言ってたくせに、、、」

「誰でもいいから結婚したがっていたのは彼の方だったのかもね」

その日のタイマッサージは「今だから言える彼のここが変だった」というネタを聞きながら大爆笑。

「自然な流れでなんとなく気が合う人に会えると嬉しいけど、会えなくてもなんとか生きていける私になる!」という場所へ着地した彼女。運命の人に出会えるのか?出会えないか?人生の待ち時間にはぜひタイ古式をどうぞ~☆

 

 

セラピスト日記2

昨日のご予約

13時タイ古式150分 

両足を持ったとたん、右足の重さを感じる。

「やっぱり?右の股関節がずっと痛いのよ~」

右足の股関節は「3」

「仕事で楽しくない出来事があったのでは?」

「そう、実はよくわからない人がいて、、、」

昨日のテーマは人間関係。謎解きの問題は「見たくないものがそこにある時、どうスルーし、どんなリアクションを取ればいいのか?」でした。

誰かに対して「あなたのそこが許せない」みたいな感情が出てきた時の対処法。

お互いの「私ならこうする」的な会話をしていると「タイ古式のテクニックが役に立っている!」ということに気づき「やっぱりタイ古式はいいわ~」という場所へと着地しました。

 16時半 タイ古式90分 お題は「仕事と家庭の両立」

自営業のお客様。お仕事は安定していらっしゃるので、あとはご自身の気持ちの落としどころなのかな?と感じました。ご自身が今優先したいこと、優先するべきこと、今それらを選択したご自身を信頼すること、ですね☆

19時タイ古式120分 「愛について」

たぶん死ぬまで「愛とは何か?」はわからないと思います。普遍的なテーマですが、彼がひとりの時間を楽しめる、楽しみたいと思うのは○○○さん(お客様のお名前)の存在があるからです。という肝心なことをお伝えするのを忘れてしまいました。ちなみに私も家族がいるからこそ1人の時間が欲しくなり、1人でいたいと思います。もしも本当に1人だったら、どんな気持ちになるのかは人生後半でわかるかもしれません。

生きることの苦しみ、病気の苦しみ、老いの苦しみ、そして死の苦しみ、お釈迦様はどうすればこの4つの苦しみから解放されるかを知るために悟りの旅に出たのですよね?タイ古式もその旅にほんの少し近づく要素が入っています。毎回お釈迦様に会える、という気持ちでタイ古式をやっております。