霊感?

霊感にも色々ありますが、どこと繋がるか、ですよね。私はタイ古式をやると自然の精霊と繋がります。人間より少し上に存在する好奇心や遊び心旺盛なピュアな波動で、子供のように単純でストレートなメッセージを伝えてきます。シンプルな思いつきや即行動に移せそうなことが人生を動かしていきます。肝心なのはピンときたメッセージを信じられるかどうか、純粋な子供の頃のように戻れるかどうか、です。

大きな古時計

昨日は父の一年忌でした。

2016年を足すと父のライフパス「9」、11月は私の誕生月、19日は兄の生まれ日、2016年11月19日を全て足すと母のライフパス「3」となるため、私にとって父の命日は「家族の日」となりました。

そんな記念の日に次男の中学校の合唱コンクールと夜は通っている音楽教室の発表会がありました。合唱コンクールではクラスの指揮、アトラクションでは女子2人とアンサンブル&アカペラで「大きな古時計」を歌っていましたが、その歌声はきっと天国のおじいちゃんにも届いたことと思います。次男は私の父に性格や雰囲気がよく似ていてライフパスもおじいちゃんと同じ「9」。

一生を終えた父と未来へと向かう次男。2人の運命が交差した不思議な1日でした。

父が上から私達を見守っていてくれると思うと安心します。「長女、次男の受験と最近バイクを買った長男の安全をよろしく」とお願いしましたが、交渉事が得意で仕事だった父ですからきっと神様にお伺いを立ててくれると思います。

テキストはカタログ

通信講座やいくつかの書籍にも記載されている数字の意味が、実際のセッションではなぜか当たらずスルーされてしまう。そのことが以前より気になっていたので、思い切って調べ直してみることにしました。

すると「あれ?ここにヒントが書いてあるのになぜ気がつかなかったのだろう??」という感じになりましたが、昔はただ何気なく本を読んでいただけで、言葉が示す真の意味が理解できていなかったのです。時を経て、数字に慣れ親しんだ今、ようやく本の活字が「生きた言葉」として私に語りかけてきました。 

「言葉や活字にも精霊が宿っていて、その波動を感じる人には語りかけてくるのですよ」

と以前タイ古式の先生が言っていたのを思い出しました。

来月開催する数秘検討会で私の算出法について意見を聞いてみようと思います!

テキストはカタログ←タイ古式バージョン

手放す

手放さずに執着していると新しいギフトは手に入らない。

午後のお客様とのやりとりで降ってきたメッセージ。

「5」の人は自由な感性を持っているけど、ふとした出来事をきっかけに急に常識を気にすることがあり、そういう波動に巻かれてしまった時は「AとBのどちらが楽しいかな?」を考えると自分らしい答えに行きつくと思います。